ミニ水族館の仲間のご紹介④

春なので、ミニ水族館に続々と仲間が増えています。

今回は新しく2種類増えたのでご紹介します。

ちなみにこの写真の中に1種類新しく増えた魚がいるのですが、どこにいるか分かりますか?

←水槽のガラス面にいました!

オトシンクルスという名前の魚で、南アメリカ原産です。

ガラス面や水槽表面の苔とりをしてくれる魚です。

早速苔とりに励んでくれています。

もう1種類はヤマトヌマエビというエビです。「ヤマト」という名前からご推察のとおり、日本が原産です。魚たちの食べた餌の残りを食べて水槽を綺麗にしてくれます。

東本郷地域ケアプラザにお立ち寄りの際は、ぜひミニ水族館を覗いてみてください。